3DスキャナとCADを使って、大正時代の建築文化財を3Dデータで再現 – @IT MONOist


@IT MONOist

3DスキャナとCADを使って、大正時代の建築文化財を3Dデータで再現
@IT MONOist
オートデスクらは2015年2月12日、下関市の有形文化財「旧逓信省下関郵便局電話課庁舎」(現・下関市立近代先人顕彰館)の3次元モデル化を完了したと発表した。この3次元データ化作業は2014年からスタートした(関連記事:歴史は3Dデータで後世へ――建築文化財の3D ...

ガルエージェンシー福岡北